2013
 | HOME | 
TOHO SHINKI一転 BLOG
東方神起時代からのジェジュン溺愛ペン。ジェジュンを愛し、JYJを愛でるブログ。

プロフィール

pianoyumi

Author:pianoyumi
ジェジュン溺愛。ジェジュンが大切にするもの全てを愛します。JYJとジェジュンを優しくあたたかく応援できる方大歓迎!みなさんから優しいコメントいただいて癒やされています。
※このブログで使用されている画像・動画などは個人で楽しむためのものであり、すべての著作権は著作権元に帰属します。


最新記事

最新コメント

FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


フリーエリア


月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR


自動WEBサイト翻訳(多言語)

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

ジェジュンってすごい人だなぁと改めて思う


先日、ソン・ジュンギさんとソン・ヘギョさんが結婚すると聞いた時




まぁ、素敵なカップルって思ったんです。




ヘギョちゃんはフルハウスでRainと共演した時から知っているし、




ジュンギ君はご存じの「成均館スキャンダル」でユチョンさんといいコンビを組んでくれたイケメンだし。




ジュンちゃんがOSTを歌っていた「太陽の末裔」でも素敵な二人だったし。




でもね、この間この記事を読んでちょっとショックを受けました。




K-STYLE




日本が第2次世界大戦で犯した罪は決して消えることはないと思いますが



今現在、日本人からも愛されている存在である彼らが、公の場でこのような発言をしていることがショックでした。



もちろん、芸能人とはいえ、思想は自由ですし、曲げられない考えもあると思います。



でも、自分たちが生まれる前のことを元に、CM出演を断るくらい、韓国の人にとっては



対日本人ということに関して根深いものがあるのだなぁと改めて実感しました。



少なくとも、彼らは日本人から愛されている存在で。



少なからず、その恩恵を受けているはず。



CMを断ることが悪いわけではないけれど、あえてその問題について拍手を送るような発言は



同じ日本人としてなんだか傷つくものでした。



戦犯というのであれば、当時そのような対象になった企業が



今では社会に貢献する大企業であることも知っています。



戦犯であるということを自慢する人はいない。



あとで実刑や死刑を免れたとしても、それをないことにはできないから。



そういった人の気持ちを一蹴するようなことは、私が逆の立場でも言いたくはないなぁ。



彼女はCMを断ることで、立派な韓国人であるということを証明できたのでしょうか。



もしも、これが韓国の芸能人として当たり前の行動なのだとしたら



ジェジュンの今までの発言はどうなんだろう。



最近では、



「この間行ったばかりだけど、日本に行きたい。いつも行きたいと思う」




「ドラマ撮影が始まったから、三ヶ月ほどかかりきりになるけど、日本に行きたい」




堂々とこんな言葉をつぶやいてくれる。



そして、インスタグラムでも・・・。



オープン楽しみにしてくださいね。

ジェジュンのインスタ



KAVEMALL.jpg


この渋谷のKAVEMALLについては、先日からジェジュンが社長だとかそうではないとか色々な噂を耳にしましたが



MOLDIRが入っているところや自分のインスタで宣伝しているところを見ると



ジェジュンが何かの形で関わっていることは間違いないみたいですね。



椅子やテーブルまでもジェジュンが選んでコーディネートしたという話ですし。



もうすでにプレオープンで行かれた方も多いようですが



なかなか良さげな空間です。





ジェジュンはなんらかの形で日本に来たいんですね。



もちろん一番は歌手としてだろうけど。




今はまだ歌手活動が不透明な状態だから、しばらく前には日本には来れそうにないと言いながらも




また日本に来てくれる。




この、ずっと変わらない彼の日本に対する意志の強さはどこから来ているんだろう。




彼の母国では決して親日的な人ばかり周囲にいるわけではないでしょうに。




優しげな語り口調やお茶目な姿とは裏腹に、ジェジュンは確固たる信念を持っている人。




軍人として、優秀な成績を取り、誰に恥じることのない成果を上げて来た人。




一回り大きくなって帰って来てくれたジェジュン。




どんな形でもいい。




ジェジュンが望む活動の形で日本に来ることができるのならば。




あの大きな事務所に戦いを挑んで、見事に勝ってきたおそるべき強靭な人だから。



実はすごい人なんだよ?



DFNOtnnUIAAzUgr.jpg



広報も自分でするしね。笑




なんにせよ、私は私が感じるジェジュンを信じてずっと応援していくことには変わりないのです。









この、ファンにメロメロなジェジュンと意志の強いジェジュンは同じ人であるということ。




そして、また会おうと約束してくれたジェジュンは有言実行の人。




最近のジェジュンには、そういう何か強い意志を感じます。




人や国の言うことばかりにとらわれず、自分の意志を持って、自分の信じる道をしっかりと進んでいける人。




そんな人なんだよね、ジェジュンは。




ドラマの撮影が始まったばかりで3度も怪我をするような管理をされていることが




私としてはとても心配なのですが。




普通は1度あったら2度とないように気をつけると思うんですけど。




ジェジュンの周りの方は、私の常識とは違う感覚なのかな?




怪我なく無事に。




それが一番大事なこと。





ジェジュン、気をつけて頑張ってね。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
パラダイスファンミ関連の話その2

翌日、早めに目が覚めて。




特にどこで何をするという予定もなかったので朝ごはんを食べに1階へ、




途中廊下でジェジュンの案内板を見つけてニッコリ。




同室の方が「みんな手を振ってくね。」と。




見ると、ジェジュペンらしき人たちがジェジュンの写真に向かって手を振ってる。笑




まぁ、気持ちは同じよね。www




パラダイス1_convert_20170723203147

パラダイス2_convert_20170723203253

パラダイス3_convert_20170723203440

パラダイス4_convert_20170723203623


パラダイス5_convert_20170723212713


パラダイス6_convert_20170723203707



こんなに素敵なジェジュンが大画面で




それもあちこちの廊下でお出迎えしてくれるんですから




それはもう幸せな朝な訳ですよ。




ファンミでこういうのは初めてだし、本当に幸せでしたね。





ジェジュンに会う前からジェジュンにあっているような幸せ感。




これは是非、皆さんにも味わっていただきたい。




朝食会場はバイキング形式でしたが、かなり豪華でたくさん美味しいものがあってつい食べ過ぎました。


朝食_convert_20170723211940


室内とテラスがあったので、私たちはテラスの方でいただきました。


朝食2_convert_20170723212018



この優雅な雰囲気と素敵なお部屋と、おまけにジェジュンに会えるってもう最高に贅沢だよね




って、同室の方とお話ししてました。




多分個人で泊まるには高級すぎるホテルでしたから。




ジェジュン、ありがと〜って二人で言ってました。笑





まだ少し時間があったので、ホテルの中をぶらぶらしました。




廊下を歩いて行くと、大きなタペストリーが。


パラダイス8_convert_20170723203857

パラダイス9_convert_20170723204006


どうやら韓国の有名どころとハリウッドの有名な俳優さんたちが描かれているようでした。




とても精巧な作りで。




例えばオードリー・ヘップバーン。

パラダイス10_convert_20170723204313


そばに行くとこんな感じ。

パラダイス11_convert_20170723204441


実に細かな作業ですね。




いつかジェジュンのお顔を飾ってくれますように。




まだまだ朝早い時間でしたが、ツィではジェジュンが日本から金浦空港に向かったとの情報が。




後でジェジュンから聞いた話では、本当は前の日に(私と同じくw)韓国に戻ってくる予定だったそうなんですが




途中で事故があって(ジェジュンの事故ではありません)飛行機に間に合わなくなって、




急遽朝イチの飛行機で来ることになったそうでした。




仁川だったらお迎えに行ったのにね〜、と同室の方と話してました。




でも、ファンミの座席の抽選があったので、あの時間から金浦まで行っても




集合時間に間に合わなかったので諦めました。笑





なぜ仁川着じゃなかったのかな?と思いましたが、





きっと朝早いのが金浦着の飛行機だったんだろうなと思います。




ジェジュンのことだからきっと焦ったよね?




お疲れ様。




まぁ、まだ時間はあるということでホテルの中をぶらぶら続き。




まだ建築中の教会のところには見事な絵で、いかにもここにできますというような看板が立ってました。




パラダイス12_convert_20170723204536



そして、なぜか、バケツからたくさんの鍋が落ちているオブジェが。笑



パラダイス13_convert_20170723204723




そして、不思議の国のアリスっていうイメージを持ってしまった大きな椅子も。



パラダイス14_convert_20170723204840



このホテル、普通に美術鑑賞して歩いても楽しいところでした。




そして、好奇心旺盛な私たちは、会場となるホテルに泊まった特権で




今日のファンミ会場を下見に。




もうすでに会場周辺には警備の人やスタッフの方々が。




ご苦労様です〜。





にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
パラダイスファンミ関連の話

もう聞かなくていいし〜という声が聞こえそうですが




あっという間に一月が過ぎようとしていますが




でも、まぁ私の備忘録として書いておきますので読みたい方だけど〜ぞ。←




えっと、あれは確か6月24日から26日までの話。




まずはホテルからシアペンさんが待つチョガリへ向かう。




同じ部屋の方は知っている方なんですが偶然一緒になっただけで、前の日に来ていた一人参加の方だったので




私がホテルに到着する頃には明洞でお買い物の真っ最中でした。




なので、一緒にカンナムに向かう予定が、現地集合に。笑




それにしても、仁川からソウル市内を横切ってカンナムに向かうので1時間半はかかって。




いや遠いね。




おかげで電車のなかで記事を一つ書いたくらいで。




ジェジュンがいなかったのに、現地に着いたら雨降りで。




私と同室の方は初めて来た土地なのに私より早く到着していて、さすがスマホのナビは大したもんだと感心。




シアペンさんと合流してチョガリへ。




ジェジュンたら、なんだかのイベントで日本にいると知ったのはソウルに着いてから。




なんだよ〜って感じ。




ジェジュンいなくても雨降るんだね。笑




数分歩いてチョガリに。




何頼もうか?なんて考えていたら、あれ?




何処かでお会いしたことのあるお顔が。




なんだ〜。私とよくブログを通じてお話ししたり、ソウルコンにご一緒したりする某ブロガーさんとそのお友達が!




すごい偶然。(まぁ来てれば高確率で同じようなところに行くんでしょうけど)




どうやらJHolicはすごく混んでたみたいなんですが、ここはそう混んでもおらず。




偶然だね〜なんて言いながら、名物のじゃがいもチヂミやらイシモチやら頼みました。




もちろんマッコリもね。




何を話したかよく覚えていないんですが、まぁ話は尽きず。




今考えるとジェジュペンばっかりでシアペンの友人はつまらなかったかなぁと思いつつ、




でも、ジュンちゃんにはしょっちゅう会えて幸せだって言ってたらからまぁいいか。←




で、ジェジュンがオンマと言って慕っているオモニが私達のテーブルに座って




ジェジュン、この間来たんだけど、




なかにファンの人がいると遠慮して入ってこなかったんだと話してくれました。




そのエピソード、以前聞いたことあるけど、オモニが気を使って話してくれたんだろうなぁと




嬉しく聞いていました。




私がジェジュンの兵役中に書いて来たメモはもう見当たらなかったのですが




無事帰って来てくれたので、それでよし。




ということで呑んだくれて帰って来ました。




ご一緒した方々は漢川沿いのジェジュンがよく散歩に行くところに行ってみるとのことで私達とは別行動に。




初めは一緒に行こうということになったのですが、あいにく雨だったのと、彼女たちはカンナム泊でしたが




私達は仁川まで戻らなくてはならなかったのでここでお別れしました。




21時半くらいかな。




それでもホテルに着いたのは22時半くらい。




夕方ホテルに着いた時は急いでいて、周囲をよく見ていなかったのですが




気がつくとそこかしこにジェジュンがいました。




まぁホテルの案内板なんですけどね。










実はね、




「ジェジュンが広報大使を務めているのにキム・スヒョンくんの広告しか目につかない」




という言葉がソウルに来ている方々のつぶやきで上がってきていて




それを知っていたので、ホテルにはちゃんと広報大使として掲げられているんだよってことを伝えようと




この写真をあげたんです、私。




でも、今度は、「前に撮った写真の使い回し」だとかいう、つぶやきが出て来て。




あのね、ジェジュンだって忙しいだろうし、




他の会社の広告を使ったんでもあるまいし




事務所から出た写真使ったって別にいいのにって私は思ったので、




翌日こんなことをつぶやいてしまいました。







こんな小さなことでも嬉しいと思った私はおバカさんなのかなぁ。




でもね、楽しんだもの勝ちですよ。




ホテルのあちこちにジェジュンがいたなんて




考えただけでも楽しいじゃありませんか。





翌日は、もらった50000ウォンのクーポンでホテルの贅沢な朝ごはんをいただこうということになり




早々に寝ることにしました。




いよいよ明日はジェジュンに会える。




ファンミの準備



にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
やはりかっこいい場面もないとね。

そもそも「マンホール」ってタイトル、





ダサいよね?←こら




最近の韓国ドラマで「トンネル」っていうのもあったけど。www




ダサいタイトルだけに←しつこい




ボンピルもダサいままなのかと思うと、そうでもないらしい。








学校に行く途中にジェジュンを偶然発見するなんて。それは奇跡というもの。





私も仕事に行く途中、ジェジュンに会いたいな。




あ、そしたら仕事に行かずきっと見とれてしまうな。いかんいかん。





ジェジュンは元気で留守がいい。笑




元気そうで何より。







今日は、懐かしいこの曲を本当に何年かぶりに聞いたよ。




作詞:ユチョン

作曲:ユチョン・ジェジュン



KISSしたまま さよなら








そもそも音楽ブログのはずなのに、あんまり曲について書くことがないことを反省〜。笑




それぞれの声が伸びやかで気持ちがいいですね。




でも、この曲ももう、ジェジュンが公には歌うことがないんだなぁと思うと、とても残念です。



にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
覚えておこう・・・


もうすでに削除された文章だけど、一度は私たちに伝えようとしたユチョンさんの率直な気持ちを




この場所において噛み締めておきたくて、記事をお借りして来ました。




JYJ ユチョン、突然のSNS開設…謝罪コメント掲載「死にたいほど申し訳ない」(全文)


TVREPORT 2017年07月18日11時58分


YUCHONN


写真=TVレポート DB



性的暴行の疑い議論から結婚まで。さまざまなニュースでファンを驚かせたJYJ ユチョンが、SNSを通じて

長い間閉ざしていた口を開いた。(現在投稿は削除済み)

ユチョンは17日に自身のInstagramアカウントを開設。そして「他の言葉は言えません。全ての方々に本当に申し訳ないと

言いたかったです」と話を始めた。

ユチョンは「本当に死にたいほど申し訳ないです。本当にごめんなさい。毎日僕の体が壊れるほど泣いても、

僕が皆さんに与えた傷よりは小さいでしょう。多くの記事は、僕が初めて聞く話が載っているけれど、

それを正すこともできませんでした。いつも皆さんに申し訳ないと思っています」と繰り返し謝罪。

続けて「結婚も、皆さんに前もってお話しできなくて本当にごめんなさい。謝罪さえできない状態で申し上げにくかったです。

ご理解ください。毎日本当に、頑張って耐えています。皆さんも僕のように大変だったと思います。本当に申し訳ございません。

そしてありがとうございます。いつか皆さんにご挨拶できる日が来ることを祈ります」と話した。



【ユチョン 全文】

他の言葉は言えません。全ての方々に本当に申し訳ありませんと言いたかったです。

ずっと、すごく謝りたかったのに、どうしたらいいのか方法も……自信もありませんでした。本当に死にたいほど申し訳ないです。

本当にごめんなさい。毎日僕の体が壊れるほど泣いても、僕が皆さんに与えた傷よりは小さいでしょう。本当にごめんなさい。

本当にとても遅くなったけど、ごめんなさい。先日、電話で正直に申しました。やり直したいと。

でも、やり直せるかどうかは僕の意思とあまり関係がないようです。ただ、本当にごめんなさい。多くの記事に僕も初めて聞く話が

載っているけれど、それを正すこともできませんでした。いつも皆さんに申し訳ないと思っています。

いつか皆さんに直接会って、僕の気持ちを伝えるその日が来ることを祈っています。

結婚も皆さんに前もってお話しできなくて本当にごめんなさい。謝罪すらできなかった状態で申し上げにくかったです。

ご理解をお願いします。毎日本当に熱心に耐えています。皆さんも僕のように大変だったと思います。本当に申し訳ございません。

そしてありがとうございます。いつかきっと、皆さんにご挨拶できる日が来ることを祈ります。

僕と……ハナ、応援してください。もう一度ごめんなさい。





元記事配信日時 : 2017年07月17日23時03分 記者 : シン・ナラ

K-STYLE




にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
| Home | Next
(C)2007 TOHO SHINKI一転 BLOG, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.