2013
 | HOME | 
TOHO SHINKI一転 BLOG
東方神起時代からのジェジュン溺愛ペン。ジェジュンを愛し、JYJを愛でるブログ。

プロフィール

pianoyumi

Author:pianoyumi
ジェジュン溺愛。ジェジュンが大切にするもの全てを愛します。JYJとジェジュンを優しくあたたかく応援できる方大歓迎!みなさんから優しいコメントいただいて癒やされています。
※このブログで使用されている画像・動画などは個人で楽しむためのものであり、すべての著作権は著作権元に帰属します。


最新記事

最新コメント

FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


フリーエリア


月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR


自動WEBサイト翻訳(多言語)

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

距離感


私は今まで、ジェジュンのライブに行って、そのパフォーマンスに関しては嫌な思いをしたことは一度もないです。




タイでもそれはそれは幸せな気持ちで過ごすことができました。




ジェジュンのパフォーマンスはもちろんのことですが、やっぱりタイペンさんたちのマナーの良さから来るものでした。




昨日、今回のツアーでは初めてエア参戦させていただいたマカオ公演でしたが(大阪や香港は忙しくて聞けなかった)




マカオ・・・大陸とは陸続きとはいえ、大丈夫かと思っていたけど




日本から参加された方のツィを見れば見るほど、だんだん不安になりました。




まずは赤のペンライト。




公式のものだけではなくても、今まではそう違和感なく見ていたんですが




JYJの時もそうでしたが、どうしてあちらのものは警棒みたいな、道路工事中みたいな




巨大でなんの繊細さもないようなデザインのものなんでしょう。




あれでは後ろの人は、ジェジュンが見えなくなるのでは?




そして、あの距離から察するに、客席の人は座席に立っていると思われ。




危険きわまりないなぁ。




よく見ると、赤だけではなくて白も混じった警棒で。←




昔、韓国のライブに行った時も、座席に立ち上がって見ている人がいてびっくりしましたけど




最近は韓国に行っても日本でも、よその国の方だとしても、座席で立つ人は見かけません。




郷に入っては郷に従え?かな。




良いマナーは真似してしかるべきだと思うんですが。




あの巨大なペンライトは危険なもの以外の何物でもない感じで。




見ていて怖くなりました。




私が日本人だからなのかなぁ。




でも、ジェジュンが日本のファンのマナーの良さを、韓国のサセンに対して言ってくれたことがあるように




ジェジュンも、ファンとのある程度の距離感があることで、安心して演奏に集中できるのかなぁと思いました。




私が昨日見た範囲ではこの距離感がない。








そして、事前に企画されていたファンプロジェクトも勝手に差し替えられるという事件まで起こったようで。



緑


赤



どなたがそういう経緯でこうなってしまったのかはわかりませんが




少なくとも、ジェジュンを応援したいという気持ちは誰にも邪魔する権利はないわけですし、




それまでどれだけの期間、準備を進めていたのかと思うと




妨害する方の気持ちが理解できません。




ペンライトの色だって、本当はなんでもいいとさえ思えます。




私にとって、緑は大切な色でもあるし、赤が好きだと言ったジェジュンだって赤だからいいというわけではなくて




自分たちを思って応援してくれる色という意味で、ジェジュンは赤い波を好きでいてくれるんだと思うんです。




だから、本当は何色だってジェジュンは喜んでくれると私は思ってます。




それよりも、せっかくジェジュンが自分の国に来てくれた時に悲しい思いをしたファンの方がいたのかと思うと




その方が悲しい・・・。




公演中、ジェジュンは嫌な顔一つせずに頑張っていたようだし、




終わってからもまた来たい最高に楽しかったと呟いてくれている。




まさにプロですよね。




でも、居心地が良くなかったんだろうなと思えるのは公演時間の短さ。




2時間ちょっと?




ジェジュンは何気に正直だから。笑








そして、本当がどうかはわからないけど、




夜中にジェジュンの部屋のドアをノックし続けた人がいてジェジュンが寝不足だとか。




それが本当ならセキュリティはどうなっているんだとかSPの人は何をしてるのかとか




ジェジュンがただ黙って寝不足になっているのもおかしな話だとは思うんですがw




でも、マカオから帰国するジェジュンが疲れているのは見てとれますね。




寝不足

寝不足2




好きすぎるのはもうどうしようもないところもあるでしょうけれど




でも、やはりスターとファンには適度な距離感が必要で




だからこそ、お互いに安心できるし信頼もできるのかと




個人的には思うわけです。




嬉しい

嬉しい1

嬉しい2

嬉しい3



タイから帰国するときのジェジュン。




また、日本に来た時には、ジェジュンのこんな笑顔がみられる日本のファンの一人だったらいいなぁ。




ジェジュンを生かすも殺すもファンの行動一つですよね?




にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
タイライブツアー その2


2曲ほど歌い終わると、ステージ上で着替え始めるジェジュン。






案の定、すごい歓声が湧きおこるわけですが。








想像を絶する大きさでした。




翌日も耳が痛かったなぁ。




応援の声は大きかったけど、みなさん、お行儀が良くて。








ジェジュンが立ってって言わないと、座って見てるタイのペンちゃん。かわいいね。









お留守番組のみんなから、ジャケは何色?って聞かれたのでつぶやきました。笑





案外ジャケの色は注目のマトだったか〜。









私のスマホカメラの実力の限界でした。笑









ほんと、この曲楽しそうに歌ってたなぁ。







タイのジェジュンは、安心して歌っているというか、表情をよく見てください。




穏やかで安心した表情で。




そして会場を見る目がとても優しいでしょう?




日本とはまた違った意味で愛情たっぷりな表情をしてくれます。




こんな感じで終始ジェジュンは幸せそうでした。




おっと、もうこんな時間。




続きはまた後で〜




お付き合いくださりありがとうございました。



にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
タイライブツアーその1 修正しました。


みなさま、おはようございます。




先日あげたこの記事。




貼り付けた動画が間違って入ることに気づいた今。




全然意味不明な内容になっていたのであげ直し。W




心からごめめです〜。




なのに、みなさま何もおっしゃらず。優しいですなぁ。




ジェジュンとタイペンちゃん達の感動のシーンを堪能してくださいませ〜。




私はかっこよく登場したジェジュンに、なぜか「かっこいいだろう〜〜?」と





タイペンちゃん達に向かって、自分のことのように誇らしくなってて。←何様?ww




この動画を見ると、その気持ちがおわかりになるかと。笑





では、本編に入ります。←








タイのライブ会場は、私のホテルからほど近かったので、朝まず行って







誰より早く会場に行けるって結構嬉しかった〜。




記者会見から帰って来て、グッズが欲しいと言う日本の友人のためにグッズの様子を見に行って
  (すでに売り切れていましたが)







どうも、行きたくないところは「わからない」と言うらしいです。




後からガイドさんに聞きました。笑




ホテル、郊外すぎて、バンコク中心部からの移動は高速使って帰ったくらい遠かったから。




若くて英語わかる運ちゃんはスムーズに連れていってくれました。








さすがに売り切れてましたね。




タイのタオルは黒だったから買ってきて欲しいと友人に言われたんですけど。








まぁ、これは私の勝手な解釈なんですけれどね。





そして、先日も書きました通り、私はジェジュンのサイン入りポスターに当選していたのですが、




チケットと引き換えだったので、一度またホテルに戻って。




チケットがホテルに16時に届いたので、またポスター取りに行って。笑




ぐちゃぐちゃにならないように家から持って来た段ボールの筒に入れました。








金色のサインが見えますかね〜?




人生初のサイン。←w




写真が逆さまになってるのに気づかず送信してた。笑




で、ポスターを置いてもう一度今度こそコンサート会場へ。









開演30分前だと言うのにまだ、たくさんのファンが外にいたのでどうしたんだろうと思っていたら




セキュリティチェックが非常に厳しくて。私も傘を持っていると言うだけで入場させてもらえず。




預けるところに行って並んで、また最初の入場の列に並び、さらにセキュリティチェックのゲートをくぐってようやく中に。




あんまり段取りがいいとは思えないなぁ。




で、預かり証ももらえなくて名前を言ってくれればわかるとか説明されましたが、




結局持って帰って来るのを忘れた自分。




雨は降りませんでしたが、日除けがなくてその後困りましたw








でも、10分遅れくらいで始まって。




いつものようにツィレポしようかなとスマホ片手に準備していたら




ジェジュンの登場とともに、今まで聞いたことがないような、文字どおり、割れんばかりのファンの歓声で




本気で鼓膜が破れるんじゃないかと思って、両耳を塞がずにはいられない私でした。





ジェジュンが歌ってるのなんか全く聞こえなくて。








でも、しばらくして会場の方々も我に帰ったのか、静かになり始めました。




ジェジュンもびっくりしたのか、せっかくのONE KISS歌詞も音も間違えちゃって。




しまったと思ったんでしょうね。




いつもみたいに笑ったりしませんでした。









ね?すごく賑やかでしょう?




これだけ応援されたら嬉しくないわけありませんよね。




幸せそうなジェジュンに会えました。




幸せすぎて勢いに乗りすぎたか?笑




でも、やっぱりジェジュンが日本語を話せるのが私たちにとっては最高にラッキーですね。




通訳なしでジェジュンの話を聞けるんですもの。




通訳が入るとやっぱり少し会場の反応に時差があるから。





この次にジェジュンが日本に来たら、タイのペンちゃん達に負けないくらい大きな声援をあげたいなぁ。





今日はここまで。





おやすん。

にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
良いご縁は続くのだな


突然、こんなツィを見かけて、懐かしくなりました。






北川先生といえば、天国の郵便配達人や素直になれなくて、でジェジュンとはとてもご縁のある方。




テンタツの映画館上映だったか、放送だったか忘れてしまいましたが、




当時、この作品のためにとても尽力してくれた方でした。




電話で話したのか、お会いしたのか




日本のドラマにも出たいと言ってくれているジェジュンですから、




いつか北川先生の作品にも出られたらいいなぁ。







この映画の中のジェジュンが俳優としては一番好きかも。




ジェジュンの優しくも厳しい一面がきちんと映し出されていて。




特に演技でもない感じが。笑




透明感があって大好きです。





挿入歌でもあった「愛よ」は未だお蔵入りされたままの名曲です。







この曲は映画の悲しい雰囲気ととてもマッチしていて、素敵でした。




こういう、いまだ日の目を見ていないジェジュンの曲はたくさんあるんですよね。




いつか、また、出会うことがありますように。




コンサートとかで歌って欲しいなぁ。








今日は休日ですが、異動の関係もあり、夕方から出勤します。




なので、今のうちに家でいろいろやることあるんですが、ついつい、ね。




ジェジュンの、この魔性の魅力、恐ろしや。笑




ではでは、アンニョン。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
おきまり観光地グルメなジェジュン


ジェジュンは食べ歩き、仕事にしてますか?笑








グンちゃんのライブに行ってるうなぎさんがジェジュンを見かけたとか。




そういう偶然があるっていいなぁ。




でもって、それをみんなに教えてくれるから嬉しいね。









明洞カルグクス、普通に観光客行くところよね?




ソウル市市庁駅10番出口、西大門駅6番出口からほど近く。




初心者でも行くところ。私もこの間のおかえりコンの時、行って来ました。




でも、きっと、ジェジュンは人通りが多いところだから、あんまりいけないところなのかなぁ。




私たちより行けてないところ、あったりしてね。




さて、ジェジュの話題、すっかり浦島ですが、今回、私は人事異動はなかったです。




その代わり、上司が異動になったので、びっしり仕事が詰まってます。




台湾いこうよ〜、と言う友人の悪魔の囁きがありますが、負けません。笑




こうして、たまにジェジュンの顔が見れて嬉しい。




でも、いつも突然だよね。




予告してよ。ww



カルグクス



カルグクス2



相変わらずのこの美しさ。




負けないよ、色の白さだけは。←張り合ってどうする。www




ライブツアー中なのに、ふとした息抜きをくれるジェジュンに感謝。




マカオと高雄楽しみにしてるね。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
| Home | Next
(C)2007 TOHO SHINKI一転 BLOG, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.